耐震補強工法

建物と人を守る耐震補強工法の一覧

建物とその中にいる人の生活を地震の被害から守るための耐震補強工事。
耐震補強工事にはさまざまな種類があり、建物の状況や地盤などに合わせて適切な工法が選ばれます。

こちらでは、グラウト(無収縮モルタル)を用いた耐震補強工事を得意とするサンエイテックが、グラウト材などを用いた一般的な耐震補強工法を一覧でご紹介します。
現在耐震補強をお考えの建物にはどの工法がマッチするのか、ご確認ください。

耐震壁工法

既存の壁の厚みを増すことで強度を高める、一般的な工法です。
既存の骨組み内に新しい耐力壁を設け、主として建物の水平耐力を増大させる方法です。

鉄骨ブレース工法

耐力壁の不足している箇所に鉄骨ブレース(補強材)追加する方法で、耐震壁と同様に一般的な工法です。
鉄骨ブレースの周辺に鉄骨枠を設置し、既存の梁や柱と一体化させます。

クロスウォール工法

一辺の長さおよそ1mのPC(プレキャストコンクリート)製部材を、ボルトでつなぎ合わせる耐震補強工事がクロスウォール工法(格子型ブロック耐震壁工法)です。
強度だけでなく、デザイン的にも優れています。

T-Grid

縦格子鋼板補強工法とも呼ばれ、鋼板パネルを市松模様に組み合わせて配置することで高いデザイン性を実現する耐震補強の工法です。
パネルの配置も自由に配置することができるため、「見せる補強」として注目を集めています。

鉄板巻き工法

柱を補強するタイプの耐震補強工事で、柱の周囲に鋼板を巻き、隙間に無収縮モルタルを注入します。
安価で高い強度が得られますが、補強後の柱は太くなります。

炭素繊維シート工法

柱周囲に炭素繊維シートを巻き、柱の靱性能力を増加させる工法です。
使用材料が軽量で柱断面寸法も少なくて済むので、補強後も柱は太くなりません。

ピタコラム工法

鋼板(プレート)内蔵薄肉コンクリート部材を外付けすることで耐震補強を行う工法です。
外部作業を行うだけで建物の耐震性を向上させることができるので、メンテナンスの手間や費用削減につながります。

サンエイテックの施工事例一覧

耐震補強工事ならサンエイテックへ

無収縮グラウト・無収縮モルタルの充填施工を得意とするサンエイテックでは、さまざまなセメント耐震補強工事に対応しています。
セメントの配合やグラウト材の注入など、セメントのプロとして、専門でない業者では実現できない正確な施工も可能。
沓座モルタルもお任せいただけます。
スタッフのサービス力(しっかりとした説明や対応の早さ)もリピーターの方に好評です。
技術力の高い耐震補強工事会社をお探しの方はぜひ当社へお問い合わせください。

グラウト(無収縮モルタル)を用いた耐震補強ならサンエイテック【お問い合わせはこちら!お見積もりは無料です】

Copyright © 2014 グラウト(無収縮モルタル)・耐震補強工事 | サンエイテック. All rights reserved.

↑page top