耐震補強の概要・方法

「耐震補強工事」ってどんなもの?

日本は世界でも有数の地震大国として知られています。
阪神・淡路大震災(1995年)や東日本大震災(2011年)など、近年発生した未曾有の大震災による爪痕もいまだ癒えてはいないのが現状です。
数年以内にまた大震災が発生する可能性が高いとも言われる今、必要とされているのが建造物の耐震補強工事なのです。

「耐震補強」とは、建物の耐震性能を向上させることによって地震による被害を最小限に抑え、その建物内にいる人の命や生活を守るための工事です。
耐震補強を行うことで、万が一の大地震にも備えることができます。
こちらでは、グラウト(無収縮モルタル)を用いた耐震補強工事を得意とするサンエイテックが、耐震補強工事の種類についてご紹介します。

地盤の補強

建物がある土地の地盤が弱い場合、地震によって倒壊する危険があります。
こうした事態に備えて地盤を強化するのが地盤補強です。1階の床部分を解体して改良工事を施したり、建物をジャッキアップして杭を打ったりするなどの方法があります。

壁量の確保

建物の強度を大きく左右する条件の一つが、壁の量(厚さや数)です。
大きな開口部があったり、間仕切り壁が不足していたりして壁の量が少ないと、地震の際に建物が揺れに耐えられない恐れがあります。
この場合、筋違い(すじかい)や構造合板で壁を増やします。

耐力壁の調整

どんなに壁の強度を高めても、バランスが偏っていると弱い部分から倒壊してしまいます。
強度の高い壁は、建物の四隅に均等に配置されてこそ効果を発揮するもの。
耐力壁をバランスよく設置することで、倒壊のリスクを低減します。

接合部の補強

耐震補強では基本的に床や壁などの剛性を高めます。
その際に、床や壁の接合部も補強しなければ、接合部が弱点になってしまいます。
建造物によって異なるさまざまな接合部の形状や構造に合わせて、適切な施工法を選ぶことが重要です。

基礎の補強

基礎は、まさに建物そのものを支える重要な部分です。
基礎の役割は、地震のときに柱や土台から伝わった建物の揺れ・荷重を受け止めて地盤に分散させ、倒壊を防ぐこと。
耐震補強工事を行う場合は、土台や柱を取り替えるなど、基礎に合わせた補強作業が必須です。

柱の補強

土台や柱などに腐食がある場合、他の部位が丈夫であっても耐震性は確実に下がります。
調査の結果、土台や柱に劣化が見られるようなら、新しい土台や柱を取り付ける施工が必要です。

一体感を高める補強

建物の剛性を高めるために大切なのが、可能な限り床・壁・屋根を一体化させることです。
レイアウトなども合わせて考え、より効果的な耐震補強工事を行いましょう。

効果的な耐震補強工法

耐震補強工事ならサンエイテックへ

サンエイテックではグラウト(無収縮モルタル)注入施工をはじめ、さまざまなセメント耐震補強工事を得意としています。
業者によって技術の差が非常に大きい耐震工事において、専門家として丁寧な説明・迅速な対応・正確な施工に努めていますので、技術力の高い耐震補強工事会社をお探しの方は、ぜひ当社へお問い合わせください。

グラウト(無収縮モルタル)を用いた耐震補強ならサンエイテック【お問い合わせはこちら!お見積もりは無料です】

Copyright © 2014 グラウト(無収縮モルタル)・耐震補強工事 | サンエイテック. All rights reserved.

↑page top