グラウト材の種類・特徴

知っておきたいグラウト材の基礎知識

「グラウト材(無収縮モルタル)」とは何か、ご存知でしょうか?
グラウト材とは、「コンクリートの空隙目地やひび割れなどの細かい隙間をふさぐ役割に用いられる、流動性のあるモルタル」のこと。
グラウト材を注入する作業は「グラウチング」や「薬液注入」と呼ばれ、盤改良から鉄骨・鉄筋の充填材などの幅広い用途に使われます。
また、耐水性が高いため防水目的でも使用されています。

こちらでは、グラウトを用いた耐震補強工事を得意とするサンエイテックが、グラウト材の種類や特徴についてご紹介します。

グラウト材の種類

一口に「グラウト材」と言っても、使用する素材によってさまざまな種類に分かれます。

[画像]グラウト材の種類

用途や建造物の構造、素材などによって最適なグラウト材は異なりますので、くわしくは専門家に相談してみましょう。

グラウト材、どこに使うもの?

橋梁沓座基礎
機械基礎
プレキャスト床版下部
鉄骨ベース
鉄骨ブレース
逆打ち

グラウト材を使用するメリット・デメリット

メリット
  • 収縮性がないので強度が高まる
  • 耐水性・防水性が高いので劣化しにくい
  • 施工面が均等に仕上がる
デメリット
  • 通常のモルタルに比べてコストが高い
  • 正確な注入が難しいので、知識や技術がない業者が行うと失敗しやすい

通常のモルタルは、セメントと水を混ぜて作られる素材。
用途に合わせた形で硬化させることができますが、内部の水が乾燥することによって収縮してしまうため、どうしても空隙やひび割れができてしまいます。
しかし、無収縮モルタルは流動性に優れており、また混和材などの働きもあって、空隙ができない仕上がりの実現が可能。
無収縮モルタルを使用すると構造物との付着性が高まり、一体化しやすくなるので、構造物自体の耐震強度を高めることができます。

ただし、グラウト材(無収縮モルタル)は通常のモルタルに比べて費用が高額になるので、柱の付け根や沓座など“絶対に収縮してはならない部位”にのみ用いられます。
また、グラウト材の注入は業者によって技術力に差が大きく、知識や技術がない業者が行うと適切な耐震補強は実現しませんので、現場経験が多いグラウト専門の施工会社に依頼することをおすすめします。

グラウト材で強度はどれくらい高まる?

通常のコンクリートの場合、1mm²あたり27ニュートン(約270kg)の圧力に耐えられますが、グラウト材(無収縮モルタル)は1mm²あたり40ニュートン(約400kg)の圧力がかかっても崩れる心配がありません。
特にうえからの圧力に強いのが特徴です。

無収縮モルタルの詳細情報

Copyright © 2014 グラウト(無収縮モルタル)・耐震補強工事 | サンエイテック. All rights reserved.

↑page top