代表挨拶・スタッフ紹介

代表挨拶

1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、そして2011年の東日本大震災などに代表されるように、日本は世界でも有数の地震大国です。現在も南海トラフを震源として東海・東南海・南海連動型地震が発生する危険性が指摘され続けるなど、私たちは常に大地震の脅威にさらされて生活していることになります。

日本人は、1日の7割以上を屋内で過ごしていると言われています。その中で尊い人命を守るには、地震が発生する前に建造物の耐震性を高めることが不可欠です。阪神・淡路大震災で亡くなられた方の死因の約4分の3が「建物の倒壊にともなう圧死」だったことを考えれば、耐震補強工事がどれほど重要かおわかりいただけるでしょう。

最近では、高度経済成長期に着工したインフラの老朽化にともなう大工事、2020年に開催される東京オリンピックの施設新設・再整備などを受けて、建設業界の人手不足も不安視されています。そういった状況で安全なインフラや施設を造るには、質の高い職人が質の高い資材を用いて確実に作業を行わなければなりません。

私たちサンエイテックでは、得意とするグラウト(無収縮モルタル)を用いた高品質なセメント耐震補強工事を通して、世の中のニーズにしっかり応えていきたいと考えています。そのためには、「作業員」ではなく仕上がりに責任とこだわりを持てる「職人」を育てていきたい。もちろん、施工だけでなくサービス品質の向上にも努めます。

今はもう、「安かろう悪かろう」の物づくりが認められる時代ではありません。耐震補強工事も同じです。専門家として丁寧な説明、迅速な対応、正確かつ適切な価格での施工に努め、お客様や利用者様に安全と安心をご提供することが、私たちの使命だと考えております。

株式会社サンエイテック
代表取締役
佐藤 崇

スタッフ紹介

こちらの資料は現在取りまとめておりますので、もう少々お待ちください。

グラウト(無収縮モルタル)を用いた耐震補強ならサンエイテック【お問い合わせはこちら!お見積もりは無料です】

Copyright © 2014 グラウト(無収縮モルタル)・耐震補強工事 | サンエイテック. All rights reserved.

↑page top